メンバー

山本寿子 Hisako W. Yamamoto
  • 東京女子大学 大学院人間科学研究科
    特任研究員
  • Project Researcher,
    Tokyo Woman’s Christian University

研究テーマ

音の感じ方が言語や音楽経験によって異なることに関心を持って認知心理学の魅力を知り,さらにそのような知覚が形作られる過程を調べたいと発達心理学の世界に足を踏み入れました。大学院時代には子どもの言語獲得についての研究を行っていました。最近では,複数の感覚を組み合わせる知覚が子どもと養育者の間のコミュニケーションを通して形成される過程に興味を持っています。

略歴

【学歴】

2004年
白百合学園高等学校卒業
2008年
早稲田大学第一文学部心理学専修卒業
2010年
東京大学大学院教育学研究科教育心理学コース修士課程修了,修士(教育学)
2017年
東京大学大学院教育学研究科教育心理学コース博士課程修了,博士(教育学)

【職歴・研究歴】

2016年
東京女子大学現代教養学部研究員
2017年
東京女子大学大学院人間科学研究科特任研究員

非常勤講師

  • 東京学芸大学教育学部「初等教育の内容と方法」担当(2013)
  • 聖学院大学人間福祉学部「教育心理学」「発達心理学」担当(2014)
  • 立正大学心理学部「認知心理学2」担当(2014~)
  • 東京女子大学現代教養学部「一般実験演習IB・2年次演習(心理学)」担当(2015~2017)
  • 横浜国立大学教育学部「認知発達心理学」担当(2017)

研究業績

論文(査読付き)

  • Yamamoto, H. W., & Haryu, E. (2018). "The role of pitch pattern in Japanese 24-month-olds' word recognition". Journal of Memory and Language, 99, 90-98.
  • 山本寿子,針生悦子 (2016). "幼児の単語学習におけるアクセントパターン利用の発達過程", 認知科学,23, 22-36.
  • 山本寿子 (2012). "誤ったアクセントで発音された単語に対する幼児の認知", 教育心理学研究, 60, 127-136.

国際会議プロシーディング(査読付き)

  • Yamamoto, H. W., Kawahara, M., & Tanaka, A. (2017). “The developmental path of multisensory perception of emotion and phoneme in Japanese speakers.” Proceedings of the 14th International Conference on Auditory-Visual Speech Processing, D2. S5. 1.

論文(査読なし)

  • 金重利典,針生悦子,浜名真以,池田慎之介,齋藤友香,山本寿子 (2017). "ラベル-オブジェクト関係の状況を越えた一貫性の理解:12か月児における検討", 電子情報通信学会技術研究報告, 116(436), 133-138.
  • 河原美彩子,山本寿子,田中章浩,(2016). "顔と声による情動認知と他の認知課題との関連", 日本音響学会聴覚研究会資料, 46, 447-452.
  • 山本寿子,河原美彩子,田中章浩(2016). "パラ言語情報の知覚とマガーク効果生起の関連", 日本音響学会聴覚研究会資料, 46, 453-458.
  • 山本寿子 (2015). "幼児はピッチアクセント情報から単語を推測できるか―ローパスフィルタ音声による検討―", 東京大学大学院教育学研究科紀要, 54, 285-292.

国際学会発表

  • Yamamoto, H. W., Kawahara, M., & Tanaka, A. “The developmental path of multisensory perception of emotion and phoneme in Japanese speakers.” 14th International Conference on Auditory-Visual Speech Processing, Stockholm, Sweden, August, 2017.
  • Haryu, E., Kaneshige,T., Hamana, M., Ikeda, S., & Yamamoto, H. “Infants discriminate two types of speech about an object: Labeling an object and expressing an attitude toward the object.” International conference on infant studies XX, New Orleans, Louisiana, U.S.A., May, 2016.
  • Yamamoto, H., & Haryu, E. “Japanese children’s learning of homophones with different accentual patterns.” 2013 Biennial Meeting of the Society for Research in Child Development, Seattle, Washington, U.S.A., April, 2013.
  • Yamamoto, H., & Haryu, E. “Do Japanese 24- month- olds utilize lexical pitch accent for word recognition?” 2011 Biennial Meeting of the Society for Research in Child Development, Montreal,Canada, April, 2011.

国内学会発表

  • 河原美彩子・山本寿子・田中章浩 “多感覚情動認知における親子の認知パターンの関連”, 日本発達心理学会第29回大会, 宮城, 2018年3月
  • 山本寿子・河原美彩子・田中章浩 “情動知覚と音韻知覚の視聴覚統合プロセスは独立か”, 第8回Society for Tokyo Young Psychologists, 東京,2018年3月
  • 河原美彩子・山本寿子・田中章浩 “多感覚情動認知における親子の認知パターンの関連”, 第8回Society for Tokyo Young Psychologists, 東京,2018年3月
  • 山本寿子・河原美彩子・田中章浩 “情動知覚と音韻知覚の視聴覚統合プロセスは独立か”, P&P研究会, 東京,2018年3月
  • 山本寿子・河原美彩子・田中章浩 “情動と音韻の視聴覚統合における発達パターンの比較”, 第9回多感覚研究会, 熊本,2017年12月
  • 山本寿子・河原美彩子・田中章浩 “情動と音韻の視聴覚統合における発達パターンの比較”, 新学術領域研究「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築」第1回領域会議, 東京,2017年12月
  • 山本寿子・河原美彩子・田中章浩 “養育経験の有無が多感覚知覚に及ぼす影響”, 日本心理学会第81回大会, 福岡, 2017年9月
  • 山本寿子・河原美彩子・田中章浩 “視聴覚による情動判断と音韻知覚の関連と発達的変化”, 日本発達心理学会第28回大会, 広島, 2017年3月
  • 山本寿子・河原美彩子・田中章浩”パラ言語情報の知覚とマガーク効果生起の関連”, 第8回多感覚研究会, 東京,2016年11月
  • 河原美彩子・田中章浩・山本寿子”顔と声による情動認知と他の認知課題との関連”, 日本音響学会聴覚研究会, 石川,2016年10月
  • 山本寿子・河原美彩子・田中章浩”パラ言語情報の知覚とマガーク効果生起の関連”, 日本音響学会聴覚研究会, 石川,2016年10月
  • 山本寿子”幼児のレキシコンにおけるピッチアクセント情報の位置づけ”, 日本発達心理学会第26回大会, 東京, 2015年3月 大会委員会企画シンポジウム(話題提供)
  • 山本寿子・針生悦子”24か月児における新奇語の認知 -アクセント変形語と音韻新奇語の比較-”, 日本発達心理学会第26回大会, 東京, 2015年3月
  • 山本寿子”幼児による方言話者の認知と方言話者からの単語学習”, 日本心理学会第78回大会, 京都, 2014年9月
  • 山本寿子”幼児における異なるアクセントを用いる話者の認知と単語学習”, 日本発達心理学会第25回大会, 京都, 2014年3月
  • 山本寿子・針生悦子”24ヶ月児における同音異アクセント語の学習”, 日本発達心理学会第24回大会, 東京, 2013年3月
  • 山本寿子”ピッチアクセント情報に基づく語彙判断を促す発達的要因”, 日本心理学会第76回大会, 東京, 2012年9月
  • 山本寿子・針生悦子”24ヶ月児におけるピッチ情報に基づいた語彙判断”, 日本発達心理学会第23回大会, 名古屋, 2012年3月
  • 山本寿子・針生悦子”24ヶ月児の音韻表象におけるピッチアクセント情報の記憶”,日本発達心理学会第22回大会ラウンドテーブル 実験発達心理学ワークショップ2011”, 名古屋, 2012年3月
  • 山本寿子”誤ったアクセントが幼児の単語理解に及ぼす影響”, 日本発達心理学会第22回大会, 東京, 2011年3月
  • 山本寿子・針生悦子”24ヶ月児の単語認知におけるピッチアクセント情報の役割”,日本心理学会第74回大会, 大阪, 2010年9月
  • 山本寿子”音韻的特性の共有が日英言語間プライミング効果に与える影響”, 日本心理学会第73回大会, 京都, 2009年8月

招待講演・シンポジウム

  • 「情動知覚と音韻知覚の視聴覚統合プロセスは独立か」, 中央大学人文科学研究所主催公開講演会, 東京, 2018年3月
  • 「単語のピッチパターン知覚の発達過程」早稲田大学総合人文科学研究センター「行動・社会・文化に関する多角的アプローチ」部門主催 2017年度第1回勉強会,東京,2017年9月
  • 「子どものアクセントの獲得―”雨”と”飴”は何が違う?―」, 東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター発達基礎科学シンポジウム「赤ちゃんを研究する」, 東京, 2017年2月

所属学会

  • 日本心理学会
  • 日本発達心理学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本認知科学会